JVC、ウッドコーンスピーカに音の純度を上げた限定機

加納恵 (編集部)2011年10月21日 19時15分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは10月21日、ビクターブランドからウッドコーンスピーカシステムに「SX-WD90」を追加した。解像度を向上させる「異方性振動板」などを採用し、高音質化をしたという。直販サイト「ビクターダイレクト」限定で販売する。発売は11月上旬。販売価格は6万9800円になる。

  • 「SX-WD90」

 SX-WD90は、9cmのウッドコーンフルレンジユニットを採用。センターキャップ部の内側にメイプル材の木片吸音材を装着し、音の純度と拡がりを向上したとしている。キャビネット部にはバッフル上部に縦目のスプルース響棒を採用し、サイズ以上の音場空間を実現したという。

 10月21日~11月15日は、発売記念キャンペーンとしてSX-WD90を予約、購入したユーザー先着100名に、専用のスピーカスタンド「LS-EXA3」がプレゼントされる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加