パナソニック、パネル工場停止などテレビ事業を縮小か

加納恵 (編集部)2011年10月20日 11時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックがテレビ事業を縮小すると一部のメディアが報じた。報道によるとプラズマテレビパネルを生産する尼崎第3工場の生産を中止するほか、液晶テレビパネルを手がける茂原工場を売却する方向。また、1000人を超える従業員を削減する方針にあるという。

 パナソニックでは「今回の報道内容は当社が発表したものではない」としている。

 薄型テレビは韓国メーカーとの価格競争が激化し、各社厳しい状況が続いている。パナソニックでは、液晶、プラズマと2つのパネルを持っているが、サイズによる商品の棲み分けを取り払うなど事業戦略の転換を打ち出していた。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加