logo

ソニー、BRAVIA最上位シリーズに3D大画面65V型を追加

加納恵 (編集部)2011年10月17日 15時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは10月17日、液晶テレビBRAVIAの「HX920」シリーズに、65V型「KDL-65HX920」を追加すると発表した。現行の46V型、55V型に65V型を加え、3サイズをそろえる。発売は11月11日。店頭想定価格は65万円前後になる。

  • 「KDL-65HX920」

 HX920シリーズは、4倍速駆動パネルを採用した3D対応テレビだ。バックライトの直下型LEDは部分駆動ができる「インテリジェントピークLED」を搭載。高コントラストな映像を再現するとしている。

 本体には無線LANを内蔵し、インターネットコンテンツを視聴することも可能。最新の動画を楽しめる「<ブラビア>ネットチャンネル」に加え、情報閲覧機能「アプリキャスト」上でFacebookやTwitter、ニコニコ実況などの多彩なアプリも利用可能だ。

 本体サイズは高さ90.0cm×幅150.4cm×奥行き4.5cmで、重量は43.2kg。地上、BS、110度CSデジタルチューナは各1基搭載し、USB HDDを接続すればHDDへの番組録画にも対応する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集