logo

KDDIがライブドアの無線エリアを譲受--「livedoor wireless」は継続提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 KDDIとライブドアは10月7日、ライブドアの公衆無線LAN事業を、KDDIが譲り受けることについて、事業譲渡契約を締結した。12月1日に、これまでライブドアが運営していた無線LANエリアの運営および同事業をKDDIグループのへ譲渡する予定。

 ライブドアは現在、山手線圏内の電柱のほか、大学、カフェ、飲食店、商業施設など約2300カ所において、無線LANエリアを展開。自社で公衆無線LANサービス「livedoor Wireless」を提供している。今回の事業譲渡では、無線LANエリアのネットワークや装置の運営、保守といった事業をKDDIグループに譲渡する。

 これにより、KDDIは自社で提供する公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」のエリア拡大を図る。またライブドアは、KDDIグループのリセラーとして、livedoor Wirelessのサービスを継続して提供する。

-PR-企画特集