パイオニア、各種フォーマット再生対応のBDプレーヤー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パイオニアは10月4日、さまざまな高画質、高音質フォーマット再生に対応したBlu-ray Discプレーヤー「BDP-LX55/440」を発表した。本格的なホームシアターのコアとなる上位モデルになるという

 HDMI端子1系統を搭載したBDP-440と、通常タイプとオーディオ専用の2系統を装備したBDP-LX55の2機種をそろえる。LX55には高画質IC「QDEO」を内蔵した。BDP-440は10月中旬発売で店頭想定価格は3万5000円前後、BDP-LX55は11月中旬発売で価格が9万4000円となる。

  • 「BDP-LX55」

 両機種ともにハイビジョンフォーマットであるAVCHDやAVCRECに加え、JPEG、MP3、MKV、DivX Plus HD、高音質フォーマットであるSACD、DVDオーディオ、FLAC(BDP-LX55のみ)の再生が可能。

  • 「BDP-440」

 さらにブルーレイ3D規格に対応し、3D対応のテレビとHDMIケーブルで接続することで3D映像を視聴できる。またDLNA1.5に準拠し、LAN経由でメディアサーバ内のファイル再生が可能だ。

 ジッターレス伝送「PQLS」機能の搭載により、同社の対応AVアンプとHDMIケーブルで接続することで、リニアPCM音声やビットストリーム音声の伝送時に発生するジッターを最小化する。SACDやDVDオーディオの再生においても、ジッターレス伝送に対応した。

 BDP-LX55はQDEOを採用することで、Blu-ray DiscやDVDをはじめPCビデオファイルやストリーム映像の高画質再生を実現した。また、圧縮処理などによって劣化したPCビデオファイルやストリーム信号を自動的に補正して高画質再生する「ストリームスムーサー」機能も搭載した。

 なお、専用アプリケーション「iControlAV2」をダウンロードすることで、iPadやiPhone、iPod touchで、両機種の再生や停止など基本的な操作が可能となる。iControlAV2はiOS版、Android版が登場している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加