logo

グーグル、YouTube向けコンテンツに1億ドルの投資を準備か

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年10月04日 12時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは「YouTube」の数十に及ぶ新しいチャンネル向けにオリジナルコンテンツを展開するため、1億ドルを用意してケーブルテレビ業界と交渉しているという。The Wall Street Journal(WSJ)が報じた。

 WSJの記事では、この件に詳しい複数の匿名情報筋からの情報として、YouTubeは新しいチャンネルを2012年中に公開したいと考えていると伝えている。YouTubeは、スケートボーダーのTony Hawk氏やメディア企業のWarner Bros. Entertainment、News Corporation傘下のShine Reveilleと、間もなく契約を結ぶかすでに契約を結んでいるという。そのほかに、FremantleMedia、BermanBraun、IAC傘下のElectus、Everyday Health、Iconic Entertainment、Anthony Zuiker氏、DECAがパートナーとして予想されている。

 報道によれば、YouTubeは広告を販売することで先行投資を回収し、最終的には広告収入をコンテンツパートナーと分配するという。

 YouTubeの関係者は、うわさや推測にはコメントしないとしながらも、「われわれは常に、コンテンツの制作者やキュレーターと、YouTubeの視聴者を増やすことについてあらゆることを話している。彼らがYouTubeに、より魅力的で高品質なコンテンツをもたらすほど、YouTubeのユーザーが楽しむことのできるコンテンツが増える」と述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集