logo

ソニー、テレコのように使えるSDカードレコーダー--SDカード、ストラップも同梱

加納恵 (編集部)2011年09月26日 17時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは9月26日、SDカードに録音するメモリーカードレコーダー「ICD-LX30」を発表した。大型表示やシンプルなボタン操作を採用し、テープレコーダーからの買い替えを狙う。発売は10月21日。店頭想定価格は8000円前後になる。

  • 「ICD-LX30」

 ICD-LX30は、楽器の練習などにテープレコーダーを使用してきたユーザーに向け訴求するメモリーカードレコーダーだ。SDカードスロットを備え、本体には、音量や録音、停止、再生などの大きめの操作ボタンを配置。録音すると、録音ボタンが光り、モニタ上に録音経過時間が表示されるなど、テープレコーダー同様の簡単操作を採用したとしている。

 録音ファイルは日付から検索できる「日付検索」ボタンを装備。日付選択画面から年月日を選ぶことで目的のファイルを探し出せる。

 本体サイズは高さ28.5mm×幅116.0mm×奥行き78.0mmで、重量は約145g。単4形電池2本で駆動するほか、別売のACアダプタを使用すれば、AC電源も利用可能だ。記録メディアとなる2GバイトのSDカードを同梱するほか、ハンドストラップは本体に付けた状態で出荷されるなど、購入後すぐに使用できる状態が整えられている。

  • 下部。カードスロットは蓋付き

  • 右サイドにはメニューと消去ボタン

  • 左サイドはマイク端子、ヘッドホン端子とストラップホルダーを設ける

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集