logo

アドビ、「Flash Player 11」と「AIR 3」を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Adobeは米国時間9月21日、「Flash Player 11」と「AIR 3」を発表した。同社は、これらソフトウェアにより、Android、iOS(AIR経由)、BlackBerry Tablet OS、Mac OS、Windows、Connected TVなどのプラットフォームやデバイスにまたがる次世代の没入型のアプリケーション体験を可能にすることを目的にしているという。

 Flash Player 11とAIR 3が搭載する新機能には次のようなものが含まれると、Adobeは声明で述べている。

  • アクセラレートされた2D/3Dグラフィックス。2Dおよび3Dグラフィックス用に完全にハードウェアアクセラレートされたレンダリングによりFlash Player 10やAIR 2と比べてレンダリング性能が1000倍高速に。
  • AIRネイティブエクステンション。高度に最適化されたオープンソースのライブラリを多数サポートすることで、デバイスデータ、光センサ、デュアルスクリーン、近距離無線通信(NFC)などのハードウェア機能の利用が可能。
  • Captive Runtime。Android、Windows、Mac OS、そして、Apple iOS上のインストールプロセスを簡略化するため、AIR 3をアプリケーションに自動でパッケージ。
  • コンテンツの保護。モバイルプラットフォームを含んだサポートされるプラットフォーム全てでAdobe Flash Access 3を使ったビデオコンテンツの保護が可能。
  • HDビデオ品質。フルフレームレートHDビデオがApple iOS上のAIRアプリケーション内でH.264ハードウェアデコーディングを使って表示可能に。7.1チャネルサラウンドサウンドを伴ったHDビデオの配信がテレビ上のリッチアプリケーションで可能。

 Adobeによると、Flash Player 11とAIR 3の一般公開は、10月初旬に予定されているという。「Flash Builder」および「Flex」は、Flash Player 11とAIR 3が搭載する新機能について、2011年末までのリリースでサポートする予定と同社は述べている。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]