logo

M・アンドリーセン氏ほか複数が米ヤフー買収に興味か--米報道

Elinor Mills (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年09月15日 12時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Marc Andreessen氏のベンチャーキャピタルであるAndreessen Horowitzなど、複数の関係者が米Yahooの全部または一部の買収に関して同社と協議しているという。All Things Digitalが米国時間9月14日に報じた。

 記者のKara Swisher氏はYahoo内外の匿名情報筋の話を引用しながら、Andreessen HorowitzはSilver Lakeと協力して取引を進めており、その取引にはロシアのDigital Sky Technologies(DST)やYahooの日本のパートナーである孫正義氏もかかわるかもしれないと書いている。

 記事によれば、News Corporationの元社長であるPeter Chernin氏もProvidence Equity Partnersと協力して買収に乗り出す可能性があるという。また、買収を検討している企業の中には、パートナーとしてMicrosoftを考えているところがあるとも伝えている。

 Yahooは2008年に、Microsoftからの買収の提案を拒否している。

 Swisher氏は、Yahooの経営陣は「このような関心に対して受容的であり、同社会長のRoy Bostock氏や共同創業者のJerry Yang氏が何人かと話している」と記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集