logo

ドコモ、特定ドメインにメール送信できず--通信料を返還

藤井涼 (編集部)2011年09月02日 18時10分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは9月2日、メールサーバの設定誤りにより、iモードメールとspモードメールから特定ドメイン宛にメールが送信できない事象が発生していたことを発表した。メール送信やエラーメールを受信する際にパケット通信料が発生していたため、該当するユーザーにはメール送信料相当額を返還するとしている。

 該当するドメインは「jp-*.ne.jp」で、旧J-PHONE向けの宛先ドメイン(@jp-d.ne.jp、@jp-h.ne.jp、@jp-t.ne.jp、@jp-k.ne.jp、@jp-r.ne.jp、@jp-s.ne.jp、@jp-n.ne.jp、@jp-q.ne.jp、@jp-c.ne.jp)は対象外となる。

 事象が発生していた期間は2009年11月18日~2011年7月1日だが、ユーザーの利用記録から特定できた期間は、2011年4月1日~2011年7月1日の3カ月分のみとなる。利用記録から特定できた返還対象者数は447名、返還金額の合計は8010円。

 ドコモでは、返還金額を特定できたユーザーについては、9月請求分(8月利用分)の請求金額から対象となる金額を差し引くことで返還するとしている。また、2011年4月1日以前については利用記録が残っていないため、心当たりのあるユーザーから自己申告を受けた後、ドコモが契約状況や利用状況を確認し、対象になると確認できた場合にメール送信料相当額を返還する。

 通信料返還についての問い合わせ先は、ドコモインフォメーションセンター(受付時間は9時~20時)となる。ドコモの携帯電話からかける場合の番号は(局番なしの)151、一般電話などからかける場合の番号は0120-800-000。

-PR-企画特集