logo

シャープ、「電力見える化システム」を開発--専用タブレットで個別の消費電力も確認

加納恵 (編集部)2011年09月02日 15時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは9月2日、ホームエネルギー・マネジメントシステム(HEMS)の開発、商品化の第1弾として専用タブレット端末で発電量や売電電力量、個別の家電の消費電力が確認できる「電力見える化システム」を開発したと発表した。同社の太陽光発電システムと組み合わせて、住宅メーカー向けに製品化するとしている。

  • 「電力見える化システム」のイメージ

 電力見える化システムは、タップ、中継機、専用タブレット端末から構成される。自宅のコンセント口にタップを取り付け、エアコンや冷蔵庫などの家電機器のプラグを差し込むことで、1台ごとの消費電力量が中継機を介して専用タブレット端末に送信される。

 専用タブレット端末の画面上には、太陽光発電システムの発電量、タップに接続した家電機器の消費電力量などがリアルタイムで表示されるとのこと。端末は軽量、薄型サイズのものを想定しており、家庭内の様々な場所で活用できるとしている。

 今後はHEMSによる太陽電池、蓄電池、各家電機器などの最適化制御や、クラウドサービスとの連携を図り、エネルギーソリューション事業を展開していくとのことだ。

-PR-企画特集