logo

Quark、DTPソフト「QuarkXPress 9.1」を公開--iPad向けパブリッシング機能を強化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Quarkは9月1日、DTPソフト「QuarkXPress」の最新版「QuarkXPress 9.1」を公開し、「QuarkXPress 9」のユーザー向けに無償アップデータを提供開始した。

 QuarkXPress 9.1では、iPadアプリの作成、発行のための機能が強化され、コンテンツのデザインからアプリの作成、iPadでのテスト、App Storeでの公開まで可能な統合ツールセット「App Studio」が利用できるようになった。

 同梱されているMac OS X用ソフトウェア「App Studio Factory」には、アプリ内での購入や購読といった機能がテンプレートとして用意されているため、プログラミングなしでiPad向けの電子書籍アプリを作成、発行できる。

 App Studioは、アプリの作成とテスト、コンテンツの作成とプレビューまでは無料で利用可能。アプリとコンテンツを発行する際に、アプリテンプレートライセンスとコンテンツライセンスパックをQuarkから購入するシステムとなっている。

 これらのライセンスは、作成したアプリや、アプリ向けに発行するコンテンツごとに必要だが、アプリやコンテンツを一度発行すれば、継続的にQuarkに利用料を支払う必要はない。料金は、1回限りの単独コンテンツ向けのアプリを作成する場合で、1万3000円のアプリテンプレートライセンスと、3万2000円の1コンテンツ分のライセンスパックが必要となる。

-PR-企画特集