logo

ソニー・エリクソン、「Xperia arc S」を発表

Bonnie Cha (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 長谷睦2011年09月01日 11時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sony Ericssonは現地時間8月31日、ベルリンで開催される家電見本市「IFA 2011」に先立つ記者会見で、Android搭載スマートフォンの新製品「Xperia arc S」を発表した。

 Xperia Arc Sは「Xperia arc」の後継製品で、Qualcommのプロセッサ「Snapdragon」が1.4GHzに高速化されたほか、エンターテインメント機能が強化されている。たとえばSony Entertainment Networkの「Music Unlimited」と「Video Unlimited」サービスにもアクセス可能で、1000万曲の楽曲、ラジオチャンネル、最新の映画やテレビ番組を楽しむことができる。また、先代モデルと比べて、カメラの起動時間が25%短縮され、ウェブページの表示が20%高速になるなど、性能が向上したとSony Ericssonでは述べている。

 Xperia Arc Sのカメラは8.1メガピクセルで、「Exmor R」イメージセンサを採用し、2Dと3Dに対応した「スイングパノラマ」機能を搭載している。その他の特筆すべき製品仕様としては、ディスプレイが854×480ピクセルの4.2インチ「Reality Display」、OSは「Android 2.3.4」(Gingerbread)を搭載しているほか、HDMI出力に対応し、8GBのmicroSDカードをあらかじめ搭載している点などが挙げられる。

 Xperia Arc SはクワッドバンドのGSM携帯。2011年第4四半期に世界のおもな市場で発売される予定だが、価格設定については現時点では公表されていない。

xperia Sony EricssonのXperia Arc S
提供:Sony Ericsson

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集