logo

サムスン、LTE対応のスマートフォンとタブレットを発表

Kent German (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫2011年08月29日 12時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ベルリンで現地時間9月2日に開幕するIFA 2011に向けて、サムスンがひそかに何かを用意しているのは広く予想されていたことだが、同社は韓国で現地時間8月28日に公開したプレスリリースで、イベントに先駆けてその新製品を発表した。

Galaxy Samsung Galaxy S II LTE
提供: Samsung

 スマートフォンの「Galaxy S II LTE」は、1.5GHzのデュアルコアプロセッサと「Android 2.3」(開発コード名「Gingerbread」)を搭載する。4.5インチの「Super AMOLED Plus」ディスプレイは3Dグラフィックスに対応するが、このサイズからは、同端末がコンパクトとは到底言えないということが分かる。そのほかには、Wi-Fi、電子メール、メッセージング、8メガピクセルのカメラ、スケジュール管理ツール、デジタル音楽プレーヤー、Bluetoothなどの機能を備え、いつものようにGoogleアプリケーションが利用できる。さらに、名称から分かるように4G LTEネットワークをサポートする。

 「Galaxy Tab 8.9 LTE」は、3月に開催されたInternational CTIA WIRELESS 2011でサムスンが公開した「Galaxy Tab 8.9」に似ている。8.9インチの画面は、既存の「Galaxy Tab 10.1」と7.7インチの「Galaxy Tab」の中間の大きさだ。Galaxy Tab 8.9 LTEも同様にLTEネットワークをサポートするほか、背面に3メガピクセルのカメラ、ビデオ通話用として前面に2メガピクセルのカメラ、デュアルコアプロセッサ、1080pのHD動画再生機能、Wi-Fi、「Android 3.2」(開発コード名「Honeycomb」)を搭載する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集