logo

ソニー、レンズ交換式「ハンディカム」に新機種--フルHD60pや24p記録を実現

加納恵 (編集部)2011年08月25日 10時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーは8月24日、レンズ交換式HDビデオカメラ「NEX-VG20」を発表した。有効約1610万画素のイメージセンサを搭載する。発売は11月11日。店頭想定価格はボディのみが16万円前後、ズームレンズ「E18-200mm F3.5-6.3 OSS」を同梱したズームレンズキット「NEX-VG20H」が22万円前後になる。

  • 「NEX-VG20」

 新開発の“Exmor”APS HD CMOSセンサを搭載し、画像処理エンジンには「BIONZ」を採用。既存のビデオカメラ「ハンディカム」に比べ、約19.5倍大きな受光面積を持ち、ボケ味をいかした撮影ができるとしている。

 AVCHD 2.0に準拠した1920×1080/60pのほか、24pの撮影モードにも対応。シネマトーンカラーやシネマトーンガンマを搭載し、フィルム調の色合いも表現できるという。

 本体サイズは高さ132mm×幅102mm×奥行き294mm(同梱レンズ、フード含む)で、重量は約645g。5.1chのマイクロホン「4カプセルサラウンドマイクロホン」を搭載し、5.1chでの音声記録、31段階の録音レベル調整に対応可能だ。

 電源には高容量インフォリチウムVバッテリを使用し、約350分以上の連続撮影を実現。記録メディアはメモリースティック PRO デュオ/PRO-HG デュオ、SD/SDHC/SDXCカードになる。

 レンズマウントにはマイクロ一眼「α NEX」同様のEマウントを採用しており、Eマウントレンズの直接装着が可能。従来機種「NEX-VG10」に比べ、動画撮影時のAF速度を約3倍向上したとしている。またTranslucent Mirror Technologyを搭載したマウントアダプタ「LA-EA2」(価格:3万9900円)を使用すれば、Aマウントレンズが装着できる。

-PR-企画特集