logo

パナソニック、クレードル付きなどICレコーダー6機種

加納恵 (編集部)2011年08月04日 19時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは8月4日、ICレコーダーにクレードル付きモデルなど6機種を追加した。ラジオ録音対応機や、独自の「3WAYロータリーマイク」搭載機などをそろえる。全機種発売日は9月8日。

 発表されたのはスピーカクレードルを付属し、ラジオの録音ができる「RR-RS150/RS250」、3WAYロータリーマイクを内蔵した「RR-XR820」、「飛び出すズームマイク」を搭載した「RR-XS650」、4Gバイトのメモリを内蔵した「RR-XS410」、大画面と大型操作ボタンを備えた「RR-US300」となる。

  • 「RR-RS150」

  • 「RR-RS250」

 RR-RS150/RS250は、4GバイトのmicroSDHCカードを付属したICレコーダーだ。スピーカクレードル部にはスピーカ、ラジオ用アンテナなどを備え、ICレコーダーを充電することも可能。クレードルと接続することで、ラジオ録音ができる。

 RS150には、ICレコーダー本体に外部入力端子を装備。録音ファイルを自動で分類する「自動ソート機能」「リスト表示機能」など、8種類のファイル検索方法を搭載する。店頭想定価格はRS150、RS250ともに3万円前後。

  • 写真左から「RR-XR820」「RR-XS650」「RR-XS410」

 RR-XR820は、録音シーンに合わせて3ポジションにマイク部が可動する3WAYロータリーマイクと、低域録音を可能にする「低域補正マイク」を内蔵した。記録メディアは8Gバイトの内蔵メモリ。単4形乾電池1本で駆動する。店頭想定価格は2万円前後。

  • 「RR-US300」

 RR-XS650は、前方正面の集音性に優れ「飛び出すズームマイク」を搭載。セミナーや講義などに適した「ズームポジション」と360度バランスよく周囲の音を集音し、会議などに適した「ステレオポジション」を備え、切り替えて使用できる。記録メディアは4Gバイトの内蔵メモリ。電源には単4形乾電池1本を使用する。店頭想定価格は1万5000円前後。

 RR-XS410は、4Gバイトの内蔵メモリを採用し、電源には単4形乾電池1本を使用する。店頭想定価格は1万円前後。XR820、XS650、XS410には、FMチューナを備え、録音に対応。スライド式USBダイレクト接続も内蔵する。過去録音設定をONにしておけば、約5秒前の音声から録音できる「過去録音機能」が利用可能だ。

 RR-US300は、使いやすさを考慮し、大画面と大型操作ボタンを搭載したシンプルモデルだ。録音モードはモノラルのみ。2Gバイトの内蔵メモリを備える。店頭想定価格は6000円前後になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集