logo

「spモード」のアップデートでメール機能に不具合--修正版を配信

藤井涼 (編集部)2011年07月29日 14時25分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモが7月28日に実施したスマートフォン向けメールサービス「spモード」のアップデート(ver4700)で、ユーザーが指定したフォルダ以外に受信メールが移動してしまう不具合が発生した。ドコモ広報によると、原因はソフトウェアの不具合によるものだという。現在は、不具合を修正した最新バージョン(ver4800)が配信されている。

 このバージョンアップは、ドコモが7月29日からspモード向けに配信する「メッセージR」に対応するためのもので、7月28日13時から実施されていた。アップデートすると、spモードの受信メールとゴミ箱内に新たにメッセージRの専用フォルダが作成されるという内容だ。

 しかし、アップデートを行った一部のユーザーの端末では、振り分け設定をしていたフォルダ内のメールが、受信メールとゴミ箱内のメッセージRフォルダに移動してしまうという事象が発生。また、新たに受信したメールもメッセージRフォルダに振り分けられるようになった。

 実際にはメールは消えていないが、これまで振り分けていたフォルダ内は空の状態になるため、一見するとメールが消えてしまったように見える。そのため、TwitterやAndroid Marketのレビューには、アップデートを実施したユーザーから「フォルダ内のメールが消えてしまった」といった内容の書き込みが相次いだ。

 また、メッセージRフォルダ内のメールは他フォルダへの移動や返信ができないため、アップデートしたユーザーは受信したメールへの返信もできない状況になった。

 これを受け、ドコモは7月29日2時に不具合を修正した最新バージョン(ver4800)の配信を開始。新たにメールを受信した際に、メッセージRのフォルダに振り分けられないように修正した。今後は、受信メールとゴミ箱内のメッセージRフォルダにあるメールを「受信BOX」へ移動させる対処を7月30日23時に実施するとしている。

-PR-企画特集