logo

FFR、マルウェア自動解析ツール出荷--未知のマルウェアやゼロデイに対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォティーンフォティ技術研究所(FFR)は7月19日、未知のマルウェアや標的型攻撃、ゼロデイ脆弱性攻撃などの対策に実績のあるという「FFR yarai」エンジンを搭載したマルウェア自動解析ツール「FFR yarai analyzer」の出荷を開始した。希望小売価格は300万円。

 yarai analyzerは、yaraiに関連する同社の技術と研究ノウハウを生かした製品で、データやプログラムの挙動を自動的に解析し、対象の機能概要を把握する。簡単にファイルやプログラムに含まれる未知のマルウェアの検出が可能となり、解析結果はレポートとして出力されるという。

 主な用途として、ソフトウェアやCD-ROMなど外部記録媒体の製品出荷前のマルウェアチェック、初動マルウェア解析、メール添付ファイル(標的型メール攻撃)検知センサ、社内持込外部端末検査などに活用できるとしている。

-PR-企画特集