logo

「Mac OS Xも最初は不評だった」:webOS責任者、「TouchPad」不評で社員を励ます

Erica Ogg (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年07月06日 13時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Hewlett-Packard(HP)のPalm部門を率いるシニアバイスプレジデントJon Rubinstein氏は、米国で先週発売となった「TouchPad」の芳しくないレビューを受け、励ましの電子メールを社内従業員に送付した。PreCentral.netがその内容を公開している。

 レビューの中には、「webOS」の動作の遅さやアプリの少なさについて不満を述べるものもあるが、Rubinstein氏は従業員に対する電子メールで、業界は「HPのビジョンを理解」しており、webOSに「可能性を感じている」ことがほとんどのレビューから分かると述べている。

 「例証されている問題のほとんどは、われわれがすでに知っているもので、無線によるソフトウェアやアプリカタログの更新により、短期間で対処されるだろう」(Rubinstein氏)

 同氏はさらに、webOSのワールドワイドデベロッパーリレーションズの責任者であるRichard Kerris氏から、「Mac OS X」も最初のレビューでは「動作が遅い」「質の高いアプリがない」「支離滅裂だ」などと言われていたことを指摘されたと述べている。

 Rubinstein氏およびKerris氏は、ともにAppleに勤めていたという経歴を持つ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集