logo

ヤマハ、“音響看板”で使える1.5mmの極薄スピーカ--交通広告などで展開

加納恵 (編集部)2011年07月06日 06時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは、薄さ1.5mmの「TLFスピーカー」を発表した。平面上の形状や2Wという低消費電力をいかし、交通広告などサウンドサイネージとして利用していくという。

  • TLFスピーカー「TLF-SP1-A0(A0サイズ)」

 TLFスピーカーはA0サイズの「TLF-SP1-A0」、B1サイズの「TLF-SP1-B1」の薄型スピーカとTLFアンプモジュール「TLF-AM1」から構成される。スピーカは指向性が鋭く、スピーカのほぼ正面方向にのみ音を出せるという特長を持つほか、スピーカからの距離が近くても遠くても音量があまり変わらずに、明瞭にささやくような音を届けることが可能としている。

 そのため、限られたエリアに音を提供したり、複数並べてそれぞれ別の音を提供したりできるとのこと。ヤマハでは店舗や交通広告など幅広い用途に利用できる「サウンドサイネージ(音響看板)」としてビジネスを推進していく方針だ。

  • TLFアンプモジュール「TLF-AM1」

 スピーカは大判の形状で、全面に画像や文字の印刷にも対応する。曲面での利用もできるので、形にとらわれない自由な設置ができるとのことだ。

 TLFスピーカーは、A0サイズまたはB1サイズのスピーカーとアンプをセットにした「ヤマハ TLFスピーカーサンプルセット」を10月上旬から出荷する予定。サンプル価格は10万5000円になるとしている。なお、7月6~8日まで東京ビッグサイトで開催される「販促EXPO」にも出展される。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集