logo

グーグル、リアルタイム検索機能を停止--「Google+」の統合検討で一時的に

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年07月05日 07時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間7月4日、同社のソーシャルネットワーク「Google+」の導入に伴い、リアルタイム検索機能を一時的に停止したと述べた。

 リアルタイム検索機能は、Twitterなどのソーシャルネットワークサイトからのリアルタイムデータを統合するために開発されたものである。Googleの検索バーの右側からは、同機能が削除されており、同機能のウェブページでは現在、「404」のエラーメッセージが表示される。

 「google.com/realtimeを一時的に停止している。Google+をこの機能にどのように統合するかを検討中であるため、しばらく待っていてほしい」と同社はGoogle RealtimeのTwitterフィードで述べた。

 Googleは2009年に、マイクロブログサイトTwitterのリアルタイムのメッセージを検索結果に導入し始めたが、そのTwitterとの提携は終了したようだ。

 Googleの関係者はSearchEngineLandに対し、「2009年10月から、特別なフィードによってTwitterのアップデートをわれわれの検索結果に取り込む契約を締結していたが、7月2日でその契約期間が満了した」と述べた。「われわれは、Twitterからのこの特別なフィードにはアクセスできなくなるが、一般公開されていてわれわれのクローラーがアクセス可能なTwitter上の情報は、引き続きGoogleで検索し発見することができる」(Google関係者)

 GoogleはSearchEngineLandに対し、リアルタイム機能が再開されるときには、同社が最近発表したソーシャルネットワークであるGoogle+だけでなく、多種多様なソースからのコンテンツが提供される予定であると述べた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集