E・シュミット氏、小売店でのモバイル決済普及を予想--楽観的な推測示す

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年06月23日 12時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 GoogleのエグゼクティブチェアマンであるEric Schmidt氏は、フランスで開催されたCannes Lions International Festival of Creativityにおいて現地時間6月22日に講演し、今後1年以内にレストランや小売店の3分の1でモバイル決済が可能になるだろうと述べた。The Financial Timesが伝えている。

 Googleは5月に、「Android」ベースの機器で近距離無線通信(NFC)を使用して支払いができる「Google Wallet」を発表している。Googleはまた、将来のAndroid搭載スマートフォンはすべてNFCに対応すると述べた。

 モバイル決済には決済処理端末の普及も必要だが、Schmidt氏は、NFCの「不正使用率がきわめて低い」ため、この点については心配していないという。Schmidt氏は、クレジットカード会社によるモバイル決済対応端末への更新について、どれだけ時間がかかるか誰にも分からないとしながらも、できるだけ早く転換することがクレジットカード会社の利益になると述べている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加