logo

フォトレポート:「Final Cut Pro X」の新機能

Josh Lowensohn (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年06月22日 12時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 Appleは米国時間6月21日、「Final Cut Pro」ソフトウェアの最新版「Final Cut Pro X」をリリースした。同製品は、Appleのビデオ編集ソフトウェアとしてはプロ用最上位製品という位置づけにあり、ディスクではなくデジタルダウンロードで供給される初めてのFinal Cutとなる。ここでは、その新機能を画像で紹介する。

 この画像は、「マグネティックタイムライン」。個別のクリップをタイムライン上で一緒に移動させるための機能。クリップ間で予期せぬギャップが生じないようになっている。
Scroll Right Scroll Left

 Appleは米国時間6月21日、「Final Cut Pro」ソフトウェアの最新版「Final Cut Pro X」をリリースした。同製品は、Appleのビデオ編集ソフトウェアとしてはプロ用最上位製品という位置づけにあり、ディスクではなくデジタルダウンロードで供給される初めてのFinal Cutとなる。ここでは、その新機能を画像で紹介する。

 この画像は、「マグネティックタイムライン」。個別のクリップをタイムライン上で一緒に移動させるための機能。クリップ間で予期せぬギャップが生じないようになっている。

提供:Apple

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]