FBI、米データ施設のウェブサーバ押収--複数のサイトに影響

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年06月22日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米連邦捜査局(FBI)は米国時間6月21日、あるデータ施設からウェブホスティングサーバを押収した。それにより、複数のサイトがアクセス不能になったり、ほかの施設に運用を移行させたりした。

 スイスに拠点を置くホスティング企業のDigitalOneによると、FBI捜査官はブレードサーバが格納された3台のラックを同社の運営するメリーランド州の施設から押収したという。The New York Timesの報道によれば、21日午後の時点で、DigitalOneのサイトとサーバ撤去の影響を受けた2つのサイト(不動産ブログのCurbedとレストランブログのEater)はアクセス不能の状態になっていたという。

 DigitalOne従業員のSergej Ostroumow氏はクライアント宛のメモの中で、FBIは特定の1つのクライアントに関心を抱いていると述べた。

 「FBIはクライアントの1つにのみ関心を抱いていた。彼らがなぜ数十人のクライアントのサーバを押収したのか、全く理解できない」(Ostroumow氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加