logo

MS、34件の脆弱性を修正--アドビも「Flash Player」を更新

Elinor Mills (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年06月15日 12時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間6月14日、16件のセキュリティ情報を発表し、34件の脆弱性を修正した。このうち「Windows」「SMB Client」「Internet Explorer」など9件が「緊急」とされ、残りは「重要」とされている。Microsoftはブログ記事で、「緊急レベル」とされる以下の4件のアップデートを明らかにした。

  • 「MS11-042」、分散ファイルシステムにある脆弱性を修正、すべてのバージョンのWindowsに影響。
  • 「MS11-043」、WindowsのSMB Clientにある脆弱性を修正。
  • 「MS11-050」、「Internet Explorer」の11件のバグを修正。
  • 「MS11-052」、MicrosoftのVector Markup Language実装にある脆弱性を修正、WindowsおよびInternet Explorer 6、7、8に影響。

 Microsoftはまた、USBドライブなどの「AutoRun」を無効にしたことは効果があったようだと述べている。「Malicious Software Removal Tool」で検出された、スキャンされたコンピュータあたりの感染数は、5月時点で2010年と比べ、「Windows XP」で59%、「Windows Vista」で74%減少したという。

 Adobe Systemsも四半期毎のセキュリティ情報を発表し、すでに攻撃の対象となっていると報じられている「Flash Player」の脆弱性を修正した。またAdobeは、自動アップデートをデフォルトでオンにできるようにすると述べている

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集