logo

アップルの次期モバイルOS「iOS 5」--200以上の新機能を追加

Kent German (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 湯本牧子 高橋朋子2011年06月07日 10時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

UPDATE Appleは米国時間6月6日、同社の技術者向け年次会議Worldwide Developers Conference(WWDC)2011で行った基調講演で、予定どおり「iOS 5」を発表した。

基調講演の冒頭に姿を現したのは同社の最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏だったが、その後は「iOS」担当シニアバイスプレジデントのScott Forstall氏が壇上に立ち、「iPhone 4」「iPhone 3GS」「iPad」「iPod touch」向けに予告されていた200の新機能のうち、10の機能を紹介した。開発者向けベータ版は6日から配布されており、一般ユーザー向けアップデートは今秋に提供開始となる予定だ。

通知機能

 Forstall氏はまず、通知機能の改善について説明した。現行のポップアップメニュー、バッジアイコン、サウンドによる通知に代わり、iOS 5では「Notification Center」という単一の場所ですべての通知をまとめる。どの画面からでも指を下方向にすべらせればNotification Centerにアクセスでき、読み終えた通知はリストの「×」ボタンを押して消去できる。

Newsstand

 「Newsstand」は雑誌の定期購読を一元管理する機能で、そのコンセプトは、本棚を模したアプリケーションアイコンに至るまで「iBooks」に似ている。また、雑誌を購入すると、最新号がバックグラウンドで配信されるようになるため、手動で入手する必要がない。

Twitter

 続いて紹介されたのは、画像ギャラリーやカメラアプリケーションから直接「Twitter」に写真を投稿できる機能だ。写真を撮影したらTwitterに移動し、そこで写真投稿サービスを選択するという手間が省けることを考えれば、これは歓迎すべき変更だ。また、「YouTube」「Safari」「Maps」から直接ツイートすることも可能で、このアプリケーションはユーザーの連絡先リストにも統合される。

Safari

 Safariでは、見づらいページを整理してRSSのような表示にする「Reader」オプションが搭載される。さらに、記事全文をSafariから電子メールで送信できる(これまではリンクしか送信できなかった)ほか、後で読めるようブックマークを「Reading List」に追加できる。また、iPadでのタブブラウジングが可能になる。

Reminders

 「Reminders」アプリケーションは、複数のTo Doリストを、各イベントの日付を含めて保存し、またそれらを位置情報で分類もできる機能だ。そのため、例えば「仕事から帰るとき家に電話する」と設定した場合、ユーザーがその場を離れたときにリマインダーが送信される。Remindersは「CalDAV」を使ってMacの「iCal」と、またWindowsの「Microsoft Exchange」と同期できる。

-PR-企画特集