CTC、クラウド環境の一元管理ソフト販売--ESXiやHyper-Vなどをサポート

田中好伸 (編集部)2011年06月03日 18時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)はクラウド管理ツール専門の米Abiquoと日本国内での販売代理店契約を締結、複数ベンダーの仮想化製品が混在するクラウド環境で一元管理するソフトウェア「Abiquo Enterprise Edition」の販売を6月3日に開始した。クラウドサービス事業者やプライベートクラウド環境を保有する企業を中心に販売していく。

 プライベートクラウドやパブリッククラウドを含めたクラウド環境を管理するツールであるAbiquo Enterprise Editionは、VMware ESXi、Virtual Box、Citrix XenServer、Xen、KVM、Microsoft Hyper-Vの6つの仮想化ソフトをサポート。仮想マシン(VM)作成などをドラッグ&ドロップで操作できるGUIポータル機能に加え、システム管理者や使用者などの役割ごとに管理権限を設定できる。クラウドサービス事業者は、サービス利用者自身がリソースを設定できるカスタマーポータルを容易に提供できるとしている。

 IPアドレス割り当てなどのネットワーク管理機能、ボリューム割り当てなどのストレージ管理機能も搭載されており、仮想化環境の周辺システムの設定も可能としている。サービスレベルに応じて仮想サーバを自動配置したり、APIを利用することで、各種リソースの割り当てなどを自動化することもできる。

 価格は最小構成で500万円から。関連するサーバやストレージなどのインフラを含めて3年間で30億円の売り上げを目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加