logo

日本IBM、中堅企業向けのIT投資無償診断ツールを提供

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは5月30日、中堅企業向けに企業のIT投資を無償で診断する「IT投資アセスメントツール」を、同社のウェブサイトで公開した。

 IBMは、2010年第4四半期(10~12月)に日本を含む全世界28カ国で、従業員数100~1000人の中堅企業2112社を対象とした、ビジネスおよびITの優先課題と投資動向を把握する調査を実施。調査レポートも合わせて公開している。

 今回公開されたIT投資アセスメントツールは、この調査結果を比較対象データとし、いくつかの質問に回答することで、自社と全世界、日本の他中堅企業、および全世界同業種内の他中堅企業の回答結果とを比較できるという。

 回答は選択式で、回答時間は10分程度。「戦略分野」「ビジネス優先項目」「IT優先項目」「新規テクノロジの導入姿勢」「IT導入における懸念事項」「IT予算の増減予想」の6分野において、診断が行えるとしている。

-PR-企画特集