logo

東芝、被災地避難所に有機EL照明を提供--乾電池や太陽光充電池で駆動可能

加納恵 (編集部)2011年05月30日 16時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は5月30日、東日本大震災の被災地に有機ELを利用した照明器具を提供すると発表した。贈呈用として100個の製造を決定し、同日宮城県気仙沼市の避難所に50個を寄付した。

  • 読書灯としての活用例

 有機EL照明は、開発中の有機ELに可搬性や調光等の仕様を加えたもの。薄型、軽量のため、読書灯や手元灯として利用できるとしている。乾電池や太陽光充電池で駆動でき、持ち運びも可能。携帯電話の画面程度の明るさからスタンド程度の明るさまで調光は3段階に切り替えられる。

  • 手元灯としての活用例

 有機ELは、白熱電球や蛍光灯からの置き換えが進んでいるLEDとともに、新たな照明として開発が進められている。光源パネル自体が器具にほぼ相当し、光の利用効率が高く節電効果が大きいことから、省エネかつ薄くて軽い面状の光源として幅広い用途で日常的に利用されることが見込まれているという。

 なお、今回贈呈した有機EL照明器具は、被災地避難所向けに製造したもので、一般の照明市場向けのものではないという。

-PR-企画特集