logo

プリンストン、ボール型スピーカ「CUPEAKER」を発表--手のひらサイズでケーブルも収納

加納恵 (編集部)2011年05月12日 11時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 プリンストンテクノロジーは5月12日、ボール型スピーカ「CUPEAKER(キュピーカー) PSP-B1」シリーズを発表した。iPodやウォークマンなどを接続して手軽なスピーカとして使用できる。5月下旬に3480円で発売する。

  • 「CUPEAKER(キュピーカー)」

 CUPEAKERは、直径70mm×高さ62mmのボール型スピーカだ。3.5mmのステレオミニプラグをデジタルオーディオプレーヤーに接続することで利用できる。

 本体重量は約96gと軽量で、ミニプラグとケーブル部分は本体下に収納が可能。かばんの中などでも邪魔にならないとしている。本体にはリチウム充電池が内蔵されており、約2時間の充電で約3時間の使用が可能。充電はUSB経由でできる。

 ボディカラーは、ピンク、パープル、レッド、ブラックの4色を用意。本体センター部のコントロールリングを操作することで、電源オン、オフとボリューム調整が可能だ。

  • センターのコントロールリングでボリューム調整などが可能

  • 0.5mのケーブルは巻き取り収納式ケーブルとして本体に収納できる

  • ミニUSB端子を装備

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集