logo

家中持ち運べる「AQUOS」が登場--テレビ放送や録画済み番組をワイヤレスで伝送

加納恵 (編集部)2011年04月21日 13時56分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シャープは4月21日、液晶テレビ「AQUOS」にモニタ部分をワイヤレスで持ち運べる「フリースタイルAQUOS LC-20FE1」を発表した。チューナ部を切り離し、20V型ディスプレイ部を家中に持ち運べるとしている。発売は6月1日。店頭想定価格は10万円前後になる。

 LC-20FE1は、バッテリ内蔵の20V型ディスプレイ部とチューナ部、リモコンから構成される。チューナ部にはアンテナ端子、LAN端子、USB端子を搭載。地上、BS、110度CSデジタル放送が受信できるほか、インターネット、ホームネットワーク接続が可能。USB HDDも接続でき録画にも対応する。

 ディスプレイ部へはハイビジョン伝送が可能な5GHz帯を採用。チューナ部をリビングに置いたまま、ディスプレイ部だけを寝室や子供部屋などに持ち込んでテレビ視聴や録画番組再生ができる。対応する同社のBlu-ray Discレコーダー「AQUOSブルーレイ」とも連携でき、レコーダー内の録画済み番組をディスプレイ部で視聴することも可能だ。

 ディスプレイ部は3.3kgと軽量で、収納式のキャリングハンドルと自立スタンドを装備。オプションとして壁掛けフック「AN-20WL1」(価格:6300円)も発売され、手軽な壁掛けテレビとしても使える。

  • 「フリースタイルAQUOS LC-20FE1」

  • キャリングハンドルと自立スタンドを装備

  • チューナ部

 内蔵のバッテリは、フル充電で約2時間の視聴ができるとのこと。ACアダプタも同梱されるので、視聴しながらの充電にも対応する。解像度は1366×768ピクセルで、UV2A液晶を採用。バックライトはエッジ型のLEDになる。

 卵型のリモコンは、テンキーをなくし、中央部にサークルを配置した新デザインを採用。サークルを回転させることによって、番組選局ができるほか、独自の「マイサークル」画面を用意する。マイサークル画面は、視聴中の画面の周りに、「テレビを見る」「録画番組を見る」「ホームネットワーク」といった“できる事”を配置し、リモコンのサークルに連動して画面も回転するというもの。この画面はカスタマイズできるため、独自の変更が可能だ。

  • コンパクトサイズの新型リモコン

  • マイサークル画面

  • リモコンの回転部に連動して番組名が表示される「ぐるぐる選局」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集