グーグル、Earth Builder発表--企業の地図情報をクラウドで処理

Caroline McCarthy (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年04月21日 11時31分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間4月20日、クラウドに地理空間データをアップロードし、処理、保存できる企業向け製品「Google Earth Builder」を発表した。

 Google Enterprise Blogによれば「企業担当者はGoogle MapsやGoogle Earthなどのなじみのあるツールを使って、地図データを容易かつ安全に共有、公開できる。技術的な知識やGIS(地理情報システム)のトレーニングは必要ない」という。

 提供は7月に開始の予定。価格体系は発表されていない。関心を持った組織には、Googleの法人営業部門に問い合わせて欲しいとのことだ。

 Googleは今週、サンフランシスコで開催されたWhere 2.0カンファレンスで、183カ国で公開されているクラウドソースのウェブ地図アプリケーション「Google Map Maker」が、米国でも提供されることも発表している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加