東芝、グラスレス3DノートPC「dynabook Qosmio」--2D3Dの同時表示も実現

エースラッシュ2011年04月20日 21時01分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は4月20日、3Dと2Dのコンテンツを同時にウインドウ表示できるグラスレス3DノートPC「dynabook Qosmio T851/D8CR」を発表した。発売は7月下旬。店頭想定価格は23万円前後になる。

  • 「dynabook Qosmio T851/D8CR」

 dynabook Qosmio T851/D8CRは、独自の3Dウインドウ技術を採用することで、3Dと2Dコンテンツの同時表示を実現したノートPCだ。ウェブカメラで視聴者の顔を追尾する「フェイストラッキング」方式を採用し、ディスプレイに装着する専用シートや専用メガネなしで各種3Dコンテンツを再生できる。

  • 画面左上の小さなウインドウで視聴者の顔を認識している

 また、DVDや録画したテレビ番組といった2Dコンテンツを3D映像に変換する2D3D変換技術を搭載。映像専用エンジン「スパーズエンジン(SpursEngine)」により、地上、BS、110度CSデジタル放送の2D番組を、リアルタイムで3D映像に変換して視聴することも可能だ。

 CPUはCore i5-2410M(2.30GHz)で、8Gバイトメモリを内蔵。HDDは750Gバイトになる。15.6型ワイド液晶(2D表示時:1920×1080ピクセル、3D表示時:1366×768ピクセル相当)を搭載し、グラフィックアクセラレータにはNVIDIA GeForce GT 540Mを採用した。Blu-ray Discドライブのほか、地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載する。

デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加