logo

フォトレポート:NASAの宇宙望遠鏡が捉えた銀河

Nicole Bremer Nash (TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル2011年04月14日 07時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 米航空宇宙局(NASA)のKepler宇宙望遠鏡研究プログラムのミッションは、銀河系を探査して地球以外の居住可能惑星を見つけるという単純そうなものだ。ある意味で、「U.S.S.エンタープライズ」号のミッションの現実版といえる。つまり、新たな世界を探して新たな生命体を発見する、あるいは最低でも地球の人口が増えすぎたときに移住できる場所を見つけるというミッションだ。

 このギャラリーではKepler宇宙望遠鏡で撮影した画像や、そのほかの望遠鏡、具体的にはChandra宇宙望遠鏡、Hubble宇宙望遠鏡、Spitzer宇宙望遠鏡で撮影した画像を紹介する。Kepler研究プロジェクトの目的の理解に役立つ貴重な資料だ。

 「ケプラーの超新星」は天文学者のJohannes Keplerが1604年10月9日に観測した。NASAは可視光線や赤外線、X線でこの超新星の残骸を研究した。
Scroll Right Scroll Left

 米航空宇宙局(NASA)のKepler宇宙望遠鏡研究プログラムのミッションは、銀河系を探査して地球以外の居住可能惑星を見つけるという単純そうなものだ。ある意味で、「U.S.S.エンタープライズ」号のミッションの現実版といえる。つまり、新たな世界を探して新たな生命体を発見する、あるいは最低でも地球の人口が増えすぎたときに移住できる場所を見つけるというミッションだ。

 このギャラリーではKepler宇宙望遠鏡で撮影した画像や、そのほかの望遠鏡、具体的にはChandra宇宙望遠鏡、Hubble宇宙望遠鏡、Spitzer宇宙望遠鏡で撮影した画像を紹介する。Kepler研究プロジェクトの目的の理解に役立つ貴重な資料だ。

 「ケプラーの超新星」は天文学者のJohannes Keplerが1604年10月9日に観測した。NASAは可視光線や赤外線、X線でこの超新星の残骸を研究した。

提供:NASA

-PR-企画特集