logo

LinkedIn、開発者向けツールをアップデート

Rafe Needleman (CNET News) 翻訳校正: 中村智恵子 長谷睦2011年04月07日 11時27分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LinkedInは米国時間4月6日、開発者向けツールのアップデートを公開した。開発者がウェブサイトにメンバーもしくは企業のプロフィールを埋め込み表示できるようになり、サイト訪問者の共通の知人を表示する、あるいは当該企業で知り合いの人物を表示するといった機能が追加された。また、「Sign In with LinkedIn」機能もアップデートされ、JavaScriptからの呼び出しが可能になった。

 Facebookなどライバルの大手ソーシャルネットワークとの差別化を図るため、LinkedInはビジネスに特化した自社サービスの特徴を積極的にアピールしている。LinkedInの製品管理部門バイスプレジデントAdam Nash氏は「ビジネスマンの立場で参加することで価値が生まれるアプリケーションが多数ある」と語った。同様に、ビジネスマンの読者を想定したコンテンツサイトも設けられており、読者のビジネス上のネットワークにつながる話題作りができれば、大きなメリットが生まれるはずだと、同氏は語っている。

新しい「LinkedIn Company Insider」モジュール。ユーザーは閲覧中の企業で知っている人を確認できる。 新しい「LinkedIn Company Insider」モジュール。ユーザーは閲覧中の企業で知っている人を確認できる。
提供:LinkedIn

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集