logo

「Android」のアプリ内課金サービス、間もなく開始へ

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部2011年03月28日 10時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、「Android」用アプリケーション内でアップグレードや追加機能に課金できるサービスを導入することを明らかにした。このサービスが実際に利用できるのは3月最終週からだ。

 GoogleでAndroid開発者向けプログラムに携わっているEric Chu氏が米国時間3月24日付のブログ投稿で述べたところによると、開発者はテストアプリケーションをアップロードして、同サービスの動作を確認できるという。ただし、「実際にアプリケーションをユーザーに公開できるのは、来週このサービスが正式に開始されてからだ」という。

 アプリ内課金によって、「Angry Birds」のキャラクター「Mighty Eagle」や「Adobe Photoshop Express」の「Camera Pack」といったオプションのアップグレードを、開発者が販売できるようになる。なお、Appleの「iOS」ではすでにアプリ内課金機能を実装している。

Google 提供:Google

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集