福島原発から現在地までの直線距離を計測できるサービス

藤井涼 (編集部)2011年03月18日 17時57分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マピオンは3月18日、携帯電話向けサイト「マピオンモバイル」で福島第一原発と福島第二原発から現在地までの直線距離を計測できるサービスを開始した。またスマートフォン向けには、避難範囲と原発所在地の市区町村の風向きを表示するAndroidアプリを公開した。

 GPSを搭載した携帯電話利用者は、携帯サイトへアクセスし「現在地からの距離」をクリックするだけで、現在地から福島原発までの距離を確認できる。Androidアプリ「福島原発の避難区域マップ」は、福島第一原発と福島第二原発からの避難範囲と、原発所在地の市区町村の風向きがわかる。避難範囲は第一原発が20km、第二原発が10kmに設定されているが、距離は自由に変更できる。

 マピオンでは今後、携帯電話向けサービスに風向き表示機能、Androidアプリに現在地から福島原発までの距離を測定する機能を追加する予定。

Androidアプリ「福島原発の避難区域マップ」

◇震災関連情報まとめ
【特集:東日本大震災】計画停電・支援・事業継続

  • このエントリーをはてなブックマークに追加