logo

UQ、被災者へのTry WiMAXレンタルの期限延長

藤井涼 (編集部)2011年03月16日 17時20分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 UQコミュニケーションズは3月16日、青森県、岩手県、宮城県、福島県、長野県、新潟県、千葉県、栃木県、茨城県の災害救助法が適用された地域で、以下の特別措置を実施すると発表した。

通信料金支払い期日の延長

 WiMAX通信サービスの利用料金を金融機関窓口で支払っている場合、3月請求分(2月利用分)と4月請求分(3月利用分)の支払期限を、請求書記載の日付より1カ月延長する。口座振替とクレジットによる支払いは対象外となるが、口座振替の場合、振替手続きが完了するまでのコンビニエンスストアでの支払いは対象になる。請求書送付先が被災地の顧客を対象とした措置。

Try WiMAXレンタルの期間を延長

 申込み住所が被災地の顧客に対し、WiMAXデータ通信カードを15日間無料で貸し出すサービス「Try WiMAX」のWiMAX機器返却期限を当面延長する。震災で故障、紛失した際のWiMAX機器代金は請求しないとしている。

◇震災関連情報まとめ
【特集:東日本大震災】計画停電・応援・事業継続

-PR-企画特集