logo

ソニー、ウィンブルドン選手権を3D映像化--映画館やテレビで

加納恵(編集部)2011年03月07日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーと全英ローンテニスクラブは3月7日、テニス大会「ウィンブルドン選手権」を3D映像化することで、オフィシャルサプライヤー契約を締結したと発表した。世界各地の映画館に生中継するほか、3Dでのテレビ放送の実現を目指すとしている。

 2011年大会は、男子準決勝、決勝と女子決勝を3Dで撮影するとのこと。ソニーによるとウインブルドン選手権を3D映像で撮影するのは史上初になるとしている。

 ソニーは、撮影した3D映像をSuperVision Mediaをパートナーに劇場配信するほか、大会ホスト放送事業者であるBBC協力のもと、世界各国の放送局に提供するとしている。今後は、劇場配信以外の可能性も引き続き検討していくとのことだ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集