logo

富士通、DNPと提携し電子書籍市場に参入--5月にサービスを開始

藤井涼(編集部)2011年03月03日 13時11分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通は3月3日、電子書籍事業に参入すると発表した。大日本印刷(DNP)とDNPの関連会社であるモバイルブック・ジェーピーと提携し、5月に電子書籍サービスを提供するオンライン書店を開設する。

  • 富士通執行役員常務の大谷信雄氏

 電子書籍書店では、DNPグループの電子書籍に加え、富士通のグループ会社ジー・サーチのビジネス書籍や調査レポート、富士通エフ・オー・エムのFOM出版が提供するビジネスや試験対策に関する電子書籍コンテンツを販売する。専用の電子書籍端末は用意せず、パソコンやAndroid端末などでの利用を想定しているという。

 富士通執行役員常務の大谷信雄氏は、「これからの時代、メーカーとしてもハードウェアだけを売るのではなく、サービスやコンテンツとセットにして提供していく必要がある」と電子書籍事業に参入した理由を語り、総合ITベンダーである富士通のコンピューティング技術やネットワーク技術を電子書籍サービスに活用することで、他社にはない付加価値を提供できると説明した。

 5月のサービス開始時は、書籍のジャンル検索やキーワード検索に加え、DNPグループと富士通グループのコンテンツを横断検索できる機能を提供する。また、2012年以降には富士通と他社の電子書籍書店で購入した電子書籍を一元管理できるライブラリ機能を提供するほか、リアル書店とのポイントの連携なども検討しているという。

 富士通では、3年間の累計で40億円規模の売上を見込んでいる。

./110303fujitsu2.jpg電子書籍サービスの概要

-PR-企画特集