logo

グーグル、マルウェア感染のAndroidアプリを削除--米報道

文:Lance Whitney(Special to CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年03月03日 15時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは、マルウェアに感染したとされる21の「Android」アプリを「Android Market」とユーザーのAndroidデバイスから削除したとみられる。AndroidのファンサイトAndroid Policeは米国時間3月1日、あるredditユーザーが、正規アプリの海賊版が「DroidDream」と呼ばれるトロイの木馬を含んでいることを発見したと伝えた。問題の21のアプリは、Android Marketからはなくなっているが、現在もAndroid Policeのサイトにはスクリーンショットが掲載されている。

 これらのアプリのパブリッシャー名はMyournetとなっているが、モバイルセキュリティ企業Lookoutなどは、DroidDreamはほかのパブリッシャーからのアプリを含め50以上のAndroidアプリで見つかっているとしている。

 また、ファンサイトAndroidCentralによると、今回問題となったアプリは5万人以上がダウンロードしたという。ただし、Googleは「Android 2.2.2」以降でこのタイプの攻撃からユーザーを保護できるようにソースコードを修正しており、「Android 2.3」(Gingerbread)にはこの脆弱性が存在しないとAndroidCentralは指摘している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集