logo

NEC、流通業者向け顧客管理システムをクラウドで提供

ZDNet Japan Staff2011年02月25日 16時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは2月25日、流通業者向けクラウドサービス「NeoSarf/CRM」の販売を開始した。サービスの提供開始は9月からの予定。

 NeoSarf/CRMは、顧客との関係を維持、深耕させるための会員管理、ポイントサービス機能、購買頻度や金額、会員属性を活用した顧客情報分析機能、POSでのレシートクーポンの発行やメールマガジンなどによるキャンペーン情報の発信などが可能な会員プロモーション管理機能を備える。

 既存システムとデータ連携を行うインターフェースを標準的な通信プロトコルで提供しているため、既存のPOSシステム、売上管理機能や、ウェブサイト、キオスク端末などとの連携も容易という。

 提供基盤としてはNECの「RIACUBE-V」を採用しており、高セキュリティ下でのサービス提供を行っているという。また、店舗の拡大、会員数の増大などに合わせ、柔軟で迅速なシステム拡張や大規模運用が可能であり、企業におけるIT資産管理の運用負荷の低減に貢献できるとする。

 NeoSarf/CRMのサービスの税別利用料金は、月額150万円(初期導入費用は含まず)から。NECによれば、従来の大規模な顧客管理システム構築の場合と比べ、システム導入、運用等にかかるコスト(TCO)を5年間で最大約30%低減することが可能としている。

 NECでは、NeoSarf/CRMについて今後3年間で50社(1万店規模)への販売を目指す。なお、ドラッグストアチェーン業界大手のスギホールディングスが同サービスの導入を決定しているという。

◇「NeoSarf」の関連記事
高島屋、大規模ECシステムをNECのクラウドで刷新
NEC、大規模事業者向けECシステムをSaaS型で提供

-PR-企画特集