日本マイクロソフト、「Windows 7 Service Pack 1」を一般公開

藤井涼(編集部)2011年02月23日 10時02分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マイクロソフトは2月22日、Windows 7と Windows Server 2008 R2のService Pack 1(SP1)を一般公開した。Windows Updateまたは同社のダウンロードセンターを通じてアップデートできる。

 日本マイクロソフトでは、両製品をService Pack 1にアップデートすることで、Windows 7 プラットフォームの現在開発中の更新を取得できるほか、過去の多数の更新プログラムを一度に適用できるとしている。

◇Windows 7 SP1に関するこれまでの動き

マイクロソフト、「Windows 7」向けに最初のサービスパックをリリース
「Windows 7 SP1」、OEM向けに出荷--一般ユーザーには2月22日提供へ
マイクロソフト、「Windows 7 SP1」の最新ベータを限定公開
マイクロソフト、Windows 7とWindows Server 2008 R2のSP1を2011年前半にリリースへ
MS、マイクロソフト、WPCで「Windows 7 SP1」ベータ版などを発表
MS、「Windows 7 SP1」パブリックベータを7月にリリースへ
MS、MS、「Windows 7 SP1」について言及--メジャーなアップデートはなし

  • このエントリーをはてなブックマークに追加