日立マクセル、「ウォークマン」対応の円筒形アクティブスピーカ

加納恵(編集部)2011年02月17日 11時35分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立マクセルは2月16日、ソニー「ウォークマン」の「Designed for Walkman」プログラムに準拠したアクティブスピーカ「MXSP-1200WM」を発表した。3月3日に発売する。店頭想定価格は9000円前後になる。

 MXSP-1200WMは、マクセル製スピーカの主力モデル「MXSP-1200」をベースに、ウォークマンを接続する専用マルチ端子「WM-PORT」を搭載。ウォークマンの音楽再生と充電に対応する。

 本体は高さ75mm×幅425mm×奥行き61mmの円筒形デザインを採用。4.2W+4.2Wのパワーアンプと直径46mmのアルミコーンスピーカを搭載し、クリアで迫力のあるサウンドを再生するとしている。

 付属のリモコンには、再生や一時停止、曲送り/曲戻しなど、ウォークマンの基本操作に加え、約60分間のスリープタイマー設定機能を備える。本体カラーは、深みのあるメタリック塗装の「ネイビー」「オレンジ」の2色から選択可能だ。

  • オレンジ

  • ネイビー

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加