logo

「Microsoft Dynamics CRM 2011」、オンプレミス版とパートナーホスティング版が提供開始

文:Josh Lowensohn(CNET News) 翻訳校正:川村インターナショナル2011年02月17日 11時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間2月16日、「Microsoft Dynamics CRM 2011」のオンプレミス版とパートナーホスティング版の提供を開始した。同社は1月に、同社のサーバにホストされたバージョンの提供を開始している。今回のバージョンのリリースは、当初2月末が予定されていた。

 この新しいバージョンでは、新しいレポーティング機能が追加され、同社の「Outlook」製品との連携が改善されている。Microsoftはまた、新しいバージョンは15万同時ユーザーまで拡張でき、その場合でも「1秒未満の応答時間」を実現すると述べている。ベンチマークテストの完全な結果は、同社が3月はじめに公開するホワイトペーパーに掲載される予定だ。

 Microsoftによると、現在、同製品向けのアドオンサービスの販売や検索に役立つ「Microsoft Dynamics Marketplace」が20の市場で利用可能で、そこでは「パートナーが提供する1400以上のソリューションやサービス」が用意されているという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集