logo

YouTubeの新広告「True View」が国内で3月開始--ユーザーが見たい広告を選択

小松恭郎(編集部)2011年02月16日 14時23分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Shishir Mehrotra氏 Shishir Mehrotra氏

 グーグルは3月より、動画共有サイト「YouTube」の新たな動画広告メニュー「True View」を国内で試験的に導入する予定だ。2月15日、米Googleのプロダクトマネジメント・ディレクターであるShishir Mehrotra氏が明らかにした。

 True Viewには2種類のメニューが用意される。まず、「インスレート広告」は、広告表示のタイミングで動画広告のリストが現れ、その中からユーザーは見たいものを1つ選択する。“自ら選んだ”という結果が、より高い広告価値を提供する仕組みだ。

インスレート広告 インスレート広告

 もうひとつの「インストリーム広告」は、ユーザーが広告をスキップできるのがポイントだ。広告主が支払う広告料金は、ユーザーが最初から最後まで広告を視聴した場合にのみ発生する。

インストリーム広告 インストリーム広告

 いずれも“選択させる”というステップを経ることで、ユーザーにとって広告価値を高めることが狙いだ。広告料金はそのぶん高くなるのかという問いに対しMehrotra氏は、 「検索連動型広告のアドワーズ広告と同じオークション形式で決まることになる」としたうえで、「現段階では、米国で1回あたり1セントから1ドル程度までといったレンジを想定している」と答えた。

 またMehrotra氏がデータを引用しながら一貫して強調していたのは、「いまユーザーは“広告であるか否か”よりも“面白いかどうか”を優先して判断しており、YouTubeでヒット数を稼ぐ企業のプロモーション動画は確実に増えている」ということだ。 そのうえで、ユーザーが選択行動を起こせるTrue Viewは「一方的に送信するだけだった旧来のテレビを含む、幅広い広告の業界にとって重要な一歩になる」とインタラクティブ性を示した。

-PR-企画特集