パナソニック、「ビエラ」に1TバイトHDD内蔵液晶テレビ--ベーシックプラズマ機も

加納恵(編集部)2011年02月15日 21時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 パナソニックは2月15日、薄型テレビ「ビエラ」シリーズに、液晶テレビ「TH-L37R3」「TH-L32R3」と、プラズマテレビ「TH-P42S3」を発表した。いずれも「エコナビ」を搭載した省電力モデルになる。発売は3月18日。

  • 「TH-L37R3」

 液晶テレビは、1TバイトのHDDを内蔵した録画テレビだ。地上、BS、110度CSデジタルチューナを2基搭載し、視聴中の裏番組録画にも対応する。SDカードへの録画も可能で、番組の映像を静止画として記録できる「画面メモ」機能を備える。

 液晶パネルには視野角の広い「IPS αパネル」を採用。バックライトにはLEDを搭載することで、高画質と省エネを両立させたとしている。上位機となる37V型のみ2倍速駆動技術を備え、早い動きもクリアに再現する。店頭想定価格はTH-L37R3が14万円前後、TH-L32R3が11万円前後になる。

  • 「TH-P42S3」

 プラズマテレビのTH-P42S3は、USB HDDとSDカードへの番組録画に対応する。ただし、地上、BS、110度CSデジタルチューナは1基しか搭載していないので、番組視聴中の裏番組録画には対応していない。

 新開発のプラズマパネルを搭載し、発光効率を2010年モデルに比べ約15%向上。ネイティブコントラストは200万対1を実現し、暗いシーンから明るいシーンまで鮮明な映像を視聴できるとしている。店頭想定価格は13万円前後になる。

 全機種ともに、「アクトビラ ビデオ・フル」や「TSUTAYA TV」に対応。番組表表示中や選局などの操作時に、放送局名や番組名を音声で読み上げる「音声読み上げ」機能を搭載している。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加