logo

iPhone/iPadでワンセグ!小型チューナ+アプリ--バッファロー「ちょいテレi」 - (page 2)

  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バッテリは本体に内蔵。録画機能と地域切替には非対応

 さて、iPhone/iPadと組み合わせて利用する周辺機器においては、バッテリの消耗が問題になることが多い。本製品はこれ単体でバッテリを内蔵しており、microUSBケーブルで充電することにより、iPhone/iPad本体のバッテリを消費せずに済むよう工夫されている。その一方で、これ単体で充電が必要であるという煩わしさは否めないわけだが、もともとバッテリの持ちが弱点とされることが多いiPhoneと組み合わせるのであれば、この方式は妥当であると思える。

 一般的なワンセグ視聴機器にはできて本製品にはできないこととして、データ放送の視聴、さらに番組の録画機能が挙げられる。これらの機能をメインにワンセグを使っているユーザであれば、購入にあたってのポイントになるかもしれない。もっとも、字幕などはきちんと表示されるので、音声が聞き取りづらい環境でも視聴は容易だ。字幕のオンオフは画面下部をダブルタップして切り替えられるので、操作性も悪くない。

 また、外部アンテナとの接続アダプタなど、アンテナの代替手段が用意されていないのはiPhone/iPadという機器の特性を考えると仕方ないとはいえ、地域ごとのチャンネル情報を保存しておく機能がないのは、実際に使っていて多少気になった。地域をまたいだ視聴の際、現状ではいちいちチャンネルリストから手動で切り替えるか、あるいは移動先でチャンネルをスキャンしなくてはいけない。出張など長距離の移動がなくとも、通勤通学などでエリアをまたいでしまうケースはあるので、ぜひアップデートを期待したい。

 ともあれ、外付けタイプで持ち運びすら不便だった従来のiPhone向けワンセグチューナに比べ、ようやく手軽に扱える製品が出てきたという印象だ。1万円を切った実売価格は、PC向けのUSBワンセグチューナに比べるとやや割高な感はなくはないが、発売間もない新製品としては妥当だろう。なにより新しいジャンルの製品にありがちな不安定さがなく、こなれている点が高く評価できる。ケータイから乗り換えてワンセグ機能の不足に嘆いていたユーザーにとっては、待望の製品だと言えそうだ。

  • ダブルタップすると全画面表示になる。今回は利用時間のテストは行っていないが、視聴可能時間は約2時間半とのことで、通勤通学の往復を考えるともう一押しほしい印象

  • iPadに接続したところ。ちょっとした小型テレビよりも大きいが、320×240ドットの画像を引き伸ばしているので、画質はそれなり

  • iPadについてはタテ表示にも対応する。チャンネルの番組表も表示可能

  • 専用アプリをApp Storeからダウンロードして使用する。iPhone/iPad両方で使えるユニバーサル仕様

  • 本体を接続せずにアプリを起動すると警告が表示される

  • チャンネルをスキャンしている様子。あらかじめ登録された地域から選ぶことも可能

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]