iPhone/iPadでワンセグ!小型チューナ+アプリ--バッファロー「ちょいテレi」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ちょいテレi」は、iPhone/iPadでワンセグ放送を視聴するためのアダプタだ。これらの機器に専用アプリをインストールし、本製品をDockコネクタに接続するだけで、手軽にワンセグを楽しむことができる。

  • ワンセグが楽しめる「ちょいテレi」

 ワンセグと言えば、いまやケータイの多くの機種に標準装備されている、地上波デジタル放送の受信機能だ。320×240ドットという小ぶりなサイズながら、地デジが手軽に視聴できるとあって、通勤通学中に楽しんでいる人も多い。また学生層を中心として、自分専用のテレビとして使われるケースも増えているようだ。

 さて、いま国内でもっとも普及しているスマートフォンであるiPhone、そしてその大型版と言えるiPadは、日本の独自規格であるワンセグには対応していない。これらにワンセグ視聴機能を手軽に追加するのが、今回紹介する「ちょいテレi」というわけだ。従来の「ちょいテレ」シリーズはUSB端子に接続することでノートPCなどでワンセグ視聴を可能にする製品だったが、本製品はiPhone/iPadのDcokコネクタに接続することにより、ワンセグ視聴を可能にしている。

  • 本体の長さは45mmでかさばらない。欲を言えば端子キャップが欲しかったところだ

  • ストラップのように見えるのはアンテナ。接続中にぶらさげて持つのは厳禁だ

  • Dockコネクタと本体の間にわずかに隙間があり、筆者が使用中の保護ジャケットをかぶせたままでも装着できた

リング状のアンテナがついた独特の形状。設定は極めて簡単

 製品本体は独特の形状をしており、Dockケーブルのコネクタ部分をそのまま引き延ばしたような形状の先に、リング状になったアンテナが付属している。一見ストラップのように見えるがそうではなく、またそのような使い方にも対応しない。アンテナが伸び縮みするタイプの「ロッドアンテナ」を採用する方法もあっただろうが、筐体がきわめてコンパクトなこと、またiPhone/iPadの上部ではなく下部に取り付けて使う構造上、ロッドアンテナは採用しづらかったのではないかと思われる。

 使い方は簡単で、まずはApp Storeから「ちょいテレi」のアプリをダウンロード。その後本製品をDcokコネクタに接続し、アプリを起動。チャンネルの自動もしくは手動設定を行ったのち、任意のチャンネルを指定すれば、すぐさまワンセグが視聴できるようになる。実にシンプルで、難しい設定は何も要らない。iPhoneでアプリを探すところから始めて、実際に視聴が始められるようになるまで、ものの10分もかからない。電波状況が悪いとチャンネルのスキャンに多少時間がかかるくらいで、これにしてもプリセットされた地域から選ぶのであれば、時間はさらに短縮できる。

 視聴画面については、iPhoneがヨコ固定、iPadはタテ/ヨコの切り替えに対応する。いずれも全画面表示と、チャンネルおよび番組情報を逆L字型に表示したレイアウトを、ダブルタップで切り替えることができる。9.6インチ/1024×768ドットのiPadの全画面で見るとさすがに粗さが目立つが、全体的には極めて高いクオリティでワンセグ放送を視聴できる。

 電波感度については、これまで試用してきたUSBワンセグチューナと比較して遜色なく、筆者環境ではとくに問題は感じられなかった。平日昼間に山手線に乗車しながら試用した際も、大きな途切れもなく視聴が可能だった。チャンネルの切り替えも、さすがに最新の機種に比べると多少遅いという感はなくはないが、大きなストレスが溜まるレベルではなく、じゅうぶんに実用的だと感じた。

  • 本体背面に充電用のmicroUSBポートを備える。充電中/完了のステータスは本体のLEDで確認できる

  • iPhone 3GSに接続したところ。今回はiPhone 3GS(iOS4.1)、iPadで試用したが、いずれも問題なく視聴できた

  • 通常の画面レイアウト。画面下に番組情報、右にチャンネル一覧が表示される。画面右下に電波強度および本製品のバッテリ残量が表示される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加