「Sony Ericsson Xperia Play」対「Sony NGP」--話題の2デバイスを比較

文:Jeff Bakalar(CNET News) 翻訳校正:編集部2011年02月14日 14時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sony Ericssonは現地時間2月13日、スペインのバルセロナで開催の世界最大のモバイル関連の展示会2011 Mobile World Congressで「Xperia Play」を発表した。ここでは、同デバイスと数週間前に発表されたゲーム専用デバイス「Sony NGP」を比較する。

 Xperia Playは、初の「PlayStation Certified」スマートフォンで、PlayStation Storeからコンテンツのダウンロードを可能にする。1GHz Snapdragonプロセッサを搭載し、バッテリ消費を早めることなく60fpsのパフォーマンスを発揮できる。

Sony Ericsson Xperia Play対Sony NGP
Xperia PlaySony NGP
OSAndroid 2.3LiveArea(ソニープロプライエタリ)
プロセッサ1GHz Qualcomm Snapdragon4コアARM Cortex-A9
GPUQualcomm Adreno 205200MHz SGX543MP4+
画面サイズ/タッチ4インチタッチスクリーン5インチタッチスクリーン、背面タッチパネル
解像度854×480960×544
ゲーム用ボタン△、○、□、×、LおよびRボタン、十字キー、セレクト、スタート△、○、□、×、LおよびRボタン、十字キー、セレクト、スタート、ホーム
ジョイスティックタッチエリア×2アナログスティック×2
モーションセンシング加速度計加速度計、ジャイロスコープ
接続性Wi-Fi、Bluetooth、GPS、3GWi-Fi、Bluetooth、GPS、3G
カメラ5.0メガピクセル×1フロントおよび背面カメラ(詳細は不明)
内蔵メモリ500Mバイト、microSDカードをサポート不明
バッテリ寿命(ゲーム時)最大5時間35分4~5時間(推定)
ゲーム発売時には50タイトル不明だが「Uncharted」「Call of Duty」「Resistance」などが対応すると思われる。
キャリアVerizon Wireless(音声/データ)3Gキャリアは不明
価格不明不明
発売2011年春にVerizon Wirlessより2011年末

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加